ITエンジニアの将来性は?

将来性のあるLinuxエンジニアを目指すなら、基礎知識からじっくり学ぶべし

特集

基礎知識からじっくりと

基礎知識からじっくりと

LINEで送る

Linuxの基礎知識

Linuxの使用目的によっても異なりますが、これからLinuxを学習する人にとって基礎的な知識として、「インストール」、「基本コマンド」、「構成要素」、「ブートフロー」、「ネットワーク」は必須といえるでしょう。初心者がまずつまづく点として、インストールが挙げられます。LinuxはWindowsが動くPCであればほとんどインストールすることが可能ですし、シングルボードコンピュータでもLinuxに対応したものがたくさんあります。開発を進めようにもまずはOSであるLinuxがインストールできなければスタート地点にも立てないのです。
コマンドや構成要素については、触っているうちに徐々に身についていくものです。初心者向けの専門書があればなお良いでしょう。ブートフローとネットワークは、Linuxを使いこなす上で欠かせない知識です。とくにネットワークは、ほとんどの開発で利用されるものであり、ネットワーク自体の基礎知識に加え、Linux特有のネットワーク設定なども学ばなければなりません。

Linuxを学ぶコツとは

どの分野においてもまずは目標設定が大切です。Linuxを学び何ができるようになりたいのか、今一度考えてみましょう。勉強する上では、細かく目標を立てることをおすすめします。まずは、「Webサーバーを構築してみる」でもよいですし、「自作ルーターを作ってみる」でもよいでしょう。最初からあれもこれもと欲張らず、一段一段階段を登ることが重要です。

Linuxのコマンドを学ぶ

一般的にはLinuxはWindowsのようにマウスを使ったGUIでの操作は行いません。コマンドといわれる命令を入力し、そのレスポンスに応じて次のコマンドを実行していきます。これは、英語など新しい言葉を覚えることと似ています。英語であれば和英辞典や英和辞典が必要でしょう。Linuxのコマンドにも辞書のような書籍がたくさん出版されています。最初のうちはそれらを見ながら自分がやりたいことをコマンドを使ってコンピュータに実行させることから初めてみましょう。Windowsでは簡単にできるファイルのコピーなども初めは戸惑うかもしれません。

まとめ

ご存知の通り、Linuxはオープンソースです。全世界のエンジニアが日々開発を進め新機能の追加や安定性の向上を図っています。そのような特性を持ったOSであるがゆえ、様々な情報もオープンに公開されています。また、近年の需要の高まりゆえ、その情報の量も質も増加しています。なにより、無償で手に入れることができます。このように他のOSに比べ格段に学びやすい環境が整っているLinuxですから尻込みせず少しづつでも理解を深めていきましょう。