ITエンジニアの将来性は?

基礎知識から学ぶ!LinuxってどんなOS?

特集

Linuxとは、どんなOSか

Linuxとは、どんなOSか

LINEで送る

LinuxなどのOSの役割

Linuxは、WindowsやMac OSのようなOS(Operating System)の一種です。OSとは、コンピュータを動かす際の基礎的な動作を担当するソフトのことです。もしOSが無い場合、すべてのソフトはファイルの読み書きやキーボードからの入力、画面への表示などを、すべて自分でやらなければいけません。そうなると、ソフトの内容は無駄に大きく、複雑になってしまいますし、複数のソフトが同時に同じファイルにアクセスしたり、何かを画面に表示させようとしたら何が起きるかわかりません。OSがあれば、基本的なことはすべてOSに依頼するだけですみますから、ソフトの内容は小さく、簡潔になります。また、複数のソフトが同時に一つの物に対して何かをしようとした場合は、OSがそれを順序良く実行してくれますから問題は起きません。

Linuxの特徴

Windowsなどに対するLinuxの特徴は、基本的には無償でソースも公開されていることです。Linuxはリーナス・トーバルズ氏が個人的に開発しているもので、彼はOSの中心部である「カーネル」を無償で公開しています。普段私たちが目にするLinuxはこのカーネルと他のソフトなどを組み合わせた「ディストリビューション」という形態ですが、リーナス・トーバルズ氏はこれを無償で公開しても、有償で販売しても良いとしています。
ライセンスの範囲内での改変も認められていますから、現在は多くの無償のディストリビューションや、Windowsなどに比べて安価な商用ディストリビューションが存在するのです。

オープンソースOSの有用性

ソースが公開されていることのメリットは、これだけではありません。まず、処理の内容がすべてわかっているわけですから、「知らない所で何かされているのでは?」という不安を持たなくてすみます。また、何か問題があった場合にも多くの人がチェックできますから、原因を特定したり対策を立てることもスムーズに行えます。そして現在ある機能も、よりすぐれた開発者の手によって高速化したり、使い勝手が良くなったりすることが期待できます。
ソースを公開していないOSの場合、これらをすべて内部の開発者だけで対処しなくてはいけませんから、いかに大企業であっても太刀打ちできない部分があります。さらに、個人や企業で、独自の目的に特化したカスタマイズを行える、という点も魅力です。このため、Linuxは電化製品などを制御するための組み込みOSとしてもよく利用されています。
このように、Linuxは今後も多くの人々の手で成長を続ける、将来性の高いOSです。以前はLinuxの操作はコマンドを直接キーボードで打ち込んで操作するのが基本で、PC初心者でなくても敷居が高いものでしたが、現在は高度なGUIが用意され、Windowsなどと同じような感覚で扱えるようになっていますから、気軽に挑戦してみましょう。