ITエンジニアの将来性は?

Linuxエンジニアを目指す初心者向けのお役立ち情報です

特集

無知識からLinuxを学ぶ

categoryID Linuxの特徴や位置づけなど基本的な知識から、初学者におすすめの入門書、勉強の目標としておすすめのLinuxの資格など、Linuxエンジニアになるためのお役立ち情報を紹介します。Linuxエンジニアは需要の高さ・将来性の高さともにイチオシの職種ですこれからIT業界への転職・就職を目指す人はぜひ参考にしてください。IT業界で活躍するならLinuxの知識は必ず必要になりますので今のうちから学んでおいて損はありません。

Linuxとは、どんなOSか

Linuxとは、どんなOSか

Linuxとはリーナス・トーバルズ氏が開発したOSです。現在、無償で公開されているLinuxのカーネルを元にした多くのLinuxディストリビューションが配布、あるいは販売されています。その人気の秘密はオープンソースであることです。重要な情報を扱うコンピュータのOSがブラックボックスでは不安ですが、Linuxは誰でもソースを調べられるため、透明性があり、安心して使えます。また、バグの発見や既存の処理の改良なども素早くできますし、特定の目的のために独自のLinuxを作ることも可能です。

基礎知識からじっくりと

基礎知識からじっくりと

Linuxエンジニアを目指して勉強をはじめるなら、基礎知識からじっくり学ぶことをおすすめします。何事も同じかもしれませんが、基礎をしっかり理解することで応用力がつきます。Linuxを学ぶにあたっては「Webサーバーを構築してみる」など何か具体的な目標を立て、実践してみることをおすすめします。Linuxはオープンソースですから、インターネット上でも様々な情報が公開されています。情報収集力を発揮して、積極的に知識を吸収してください。

豊富なディストリビューション

豊富なディストリビューション

これからLinuxを学ぼうとする人に向け、OSとしてのLinuxの位置づけをご紹介します。Linuxには、Red Hat系とDebian系という、大きな2つの系統があります。Red hat系はどちらかというと商用での利用を想定したエンタープライズ系で企業での利用が多め。対するDebian系はコミュニティベースで、個人ユーザーがデスクトップ環境として利用する場面が多いようです。どちらのLinuxを使うかは、どんな目的でLinuxを使うかによって決めるのが吉です。

初心者が読むべき入門本

初心者が読むべき入門本

Linuxでのプログラミングは、あまり馴染みがないOSであることもあって敬遠されがちですが、既にプログラミングがある程度できる人なら比較的簡単に学ぶことが出来ます。Linuxも使いこなせるようになるとIT技術者として差をつけられるので、是非ともマスターしたいところです。学ぶにあたっては「ふつうの Linux プログラミング」という本がおすすめです。C言語をいかにLinux上で応用していくかが、順を追って書かれています。エラー処理まできちんと含んでいる点が秀逸です。

知識を証明するならLPIC

知識を証明するならLPIC

LPIC(エルピック)はLinux技術者認定資格のことです。様々なディストリビューションが存在するLinuxですが、LPICでは特定のディストリビューションに依存することなくLinux技術者としての技術力が中立公正に判定されます。Linuxは様々なところで使用されており、技術者の需要も増えているためLinuxエンジニアは就職や転職で有利になります。LPICの取得にはパソコンスクールISAやエルスクールといったスクールやネット講座を利用することをおすすめします。