ITエンジニアの将来性は?

Linuxエンジニアは圧倒的に人材不足で需要が高い!

特集

圧倒的な人材不足

圧倒的な人材不足

LINEで送る

普及率が高いLinux

最近のIT業界ではクラウドサービスが広がりを見せ、それに関連する市場も拡大しています。このようなクラウドサービスで欠かせないのはサーバーマシンでしょう。クラウドサービスに限らずIT業界ではWebサーバーが必須です。とくに企業などで使われるアプリケーションソフトはシステムダウンを避けることが必須で、そのためには安全性や信頼度の高いサーバーマシンで稼働させることが必要になってきます。
最近のデータによると、Webサーバーで使用されるOSでは、Linuxを含むUnixサーバーのシェアが7割近くにおよんでおり、Linuxだけを見ても全体の半分以上のシェアを占めるなど大半でLinux系のOSが使用されているのです。Linux系のOSが使用される理由は利用料金の安さにあります。
Windowsでは高額なライセンス費用がかかりますが、Linuxサーバーではそういったことがなく導入コストは安くすみます。クラウドサービスを利用するためには料金がかかりますが、導入コストが安ければ利用料金も安く設定することができるわけです。こういった理由でサーバーではLinuxが使用されているのです。

Linux習得の必要性

IT業界でエンジニアとして働くようになってまず最初にする仕事は簡単な仕事になるでしょう。開発中のプログラムにテストとして参加したり、あるいは難しくないプログラムを任せられるかもしれません。そういったことを通して仕事に慣れていき、様々な開発スキルが向上すると次の高いステージへと進むのですが、そこでは新たなスキルが必要になってきます。
そのスキルとは、Linuxに関するスキルです。Linuxが使用されているサーバーを構築して様々な設定を行ったりすることがまず必要になります。そしてそのLinuxサーバー上でデータベースを構築したり、データベースとWebサービスを連携させたりすることも求められるようになるでしょう。エンジニアとしてこういった仕事をこなすためには、あらかじめLinuxを習得しておくことが必須なのです。必要になってから学んでいては遅いのです。

Linux技術者の人材不足

現在Windows系のサーバーを利用しているという企業でも、維持管理費用を考えてLinuxサーバーを導入していくというところは今後増えていくものと思われます。そもそもなぜWindows系のサーバーが選ばれていたかというと、Windows系サーバーに慣れているからという理由が多いようです。しかしそういった理由だけで選んでいた企業も、費用や安定性を考える必要性が出てきた時にLinuxサーバーの導入を決断するのです。しかしLinux技術者は圧倒的に足りていないというのが現状なのです。

高く評価されるチャンス

現在Linux技術者は人材不足ですから、ITエンジニアになりたいと思っている方はLinuxを学ぶことをおすすめします。IT業界ではLinuxの技術を持つ人材は高く評価されますので、将来性を考えてもLinuxの技術を習得することは大きなチャンスと言えるでしょう。Linuxの技術を習得することは、将来フリーランスとして働く上でも大変有利になってきます。大きなチャンスをつかむためにもぜひLinux技術を習得しましょう。