ITエンジニアの将来性は?

Linuxエンジニアは海外でも需要が高く将来性アリ!

特集

海外でも高需要

海外でも高需要

LINEで送る

需要が非常に高い

今もなお世界のIT業界などで、必要とされているといわれている、Linuxエンジニアなどの求人事情についてですが、Linuxは、誕生から20年以上たっていて、今となっていは、家電製品や、スマートフォンだったりなど、身近なさまざまなところで利用されているのです。私たちの身近にある、こうしたLinuxですが、まず、多くの企業が導入などを進めている技術となっており、技術者の需要なども非常に高まっているといわれています。
IT業界では、Linux技術者の需要は非常に高まっており、国内では、非常に需要が高まっています。しかし、こうしたLinux技術者の需要の高さですが、海外なども同じであるといわれています。

海外でも需要がある

Linux技術者ですが、なんと日本国内だけではなく、アメリカなどの海外でも需要が高まっているといわれています。これは、アメリカの雑誌「U.S.News」において、独自調査によるランキングが発表されています。
そのランキングと言うのは、「2015年有力な職業 BEST100」というものであり、これはさまざまな職業の中から、10年間の成長性であったり、さらには給与水準、そして職業としての今後の展望など、主に7つの項目に対して、有力な職業と言うものがランキングされているものになります。そこには、ソフトウェアエンジニアが第三位にランクインされており、Linuxスキルなどをもち、OSに特化したエンジニアと言うのが有力であるといわれています。

国内、国外でも高収入のエンジニア

このように、Linuxスキルを持つ技術者は日本国内においても、また海外においても需要が高く、またさまざまな企業で必要とされているといわれています。よって大変需要が高いため、高収入が期待できるという職業でもあるのです。まず、アメリカにおいても、Linux技術者は大変高収入となっており圧倒的に有利であるといわれています。
近年では、ボーナスや給料などが削減されたり、または人員の大量リストラなど、程度の差こそあれ、全世界のIT業界では、共通する潮流となっています。しかし、調査によると、2011年において、Linuxスキルをもっている、エンジニアなどの技術者の年間給与所得ですが、こちらは、5%増加して8万4,000ドルとなっており、さらにはボーナスの支給額は5,000ドルといった結果が出ています。
こうしたことから、Linuxエンジニアという職業は、最近のこの不況下にあっても、また国内、国外、問わず、また業界問わず全世界において需要が高く、さらには、高待遇で採用されるという傾向が強まっているのです。