ITエンジニアの将来性は?

Linuxエンジニアは将来性の高さが魅力!

特集

将来性が高いLinuxエンジニア

categoryID ひと言でITエンジニアと言っても、具体的な仕事内容は細分化されます。ITは成長産業ですが、次々に新しい技術やトレンドがうまれる流行廃りの目まぐるしい業界でもあります。その業界でエンジニアとして活躍しようとするならば、息の長い将来性のある技術を選ぶのが賢明な選択です。そういう意味で今もっとも有望なのがLinuxエンジニアという職種です。システム開発におけるサーバーOSの普及率はLinuxがトップで、すでにLinuxエンジニアは不足していますが、今後ますますLinuxエンジニアへのニーズは高まっていくといわれています。

圧倒的な人材不足

圧倒的な人材不足

Linuxは多くのサーバーでOSとして使用されており、普及率はサーバーのOSの中でトップです。LinuxはWindowsのような高額ライセンス費用がかからないため利用料金が安くすみます。クラウドサービスが拡大する中で料金の安さというのは魅力になってきます。あなたがIT系のエンジニアとして働くと、様々な開発スキルを身につけた後にLinuxに関するスキルが求められることになるでしょう。現在Linux技術者は人材不足にあるため、Linux技術を習得する大きなチャンスだと言えるでしょう。

海外でも高需要

海外でも高需要

Linuxエンジニアと言う職業は、IT業界が不況となっているこの現在の状況でも、全世界において、需要が非常に高まっており、またIT業界の中でも、特殊なスキルが必要とされるため、技術者の人材が不足しているといわれています。そのため、高収入など、高待遇で採用される傾向などが非常に強く、日本、またはアメリカなど、国内外問わず、幅広く活躍できるというチャンスが転がっているといえるでしょう。今から目指そうとしている人には、チャンスであるといえるでしょう。