ITエンジニアの将来性は?

Linuxエンジニアとしてフリーランスになったら必ず趣味の時間を作ろう

特集

必ず趣味の時間を作るべし

必ず趣味の時間を作るべし

LINEで送る

フリーランスエンジニアと趣味

折角フリーランスエンジニアになったというのに結局仕事に追われてしまい満足なプライベートな時間が取れないと言う人も多いと思います。しかし、たとえ少しでも自分の趣味の時間を作る事は自分の心身のリフレッシュのためにも非常に重要な事です。またフリーランス、しかもエンジニアということでどうしてもパソコンから離れられないような生活習慣になってしまい、結果クライアント以外との人間関係も希薄になってしまいがちです。
何かしらの趣味を始める事によって同じ趣味を持つ人たちと交流し人脈の幅を広げることができますし、そのような場には当然の事ながら様々な人が集っています。場合によってはそのような人の中に同業者の方がいて、仕事に関して相談する事が出来たりその人から何かしらのインスピレーションを得る事が出来る可能性も存在しています。

気分転換としての趣味

何かしらの趣味の時間を持つことによるリフレッシュは、心身のためはもちろんのこと仕事自体の能率をアップさせることにも繋がります。何事においてもそうですが、疲れていたり気が乗らないといったような状態ではどうしても能率というものは上昇しないものです。しかし会社勤めの場合など勤務の時間を自分で選ぶことができないような環境では、内心リフレッシュしたいと思っていてもリフレッシュしたいがために退社するという事は当然出来ません。しかしフリーランスで仕事をしてる場合ならある程度の融通はどうにかつけることが可能です。
仕事の能率が上がらないと感じたら一度仕事から距離を置いて趣味の時間に没頭し、改めて案件に取り掛かるという事を行えば心身のリフレッシュから仕事の能率もアップしていきます。またそのようなリフレッシュの時間をより増やすため仕事の方でも時間が作れるよう工夫していく事によって相乗効果が発生し、より能率を上昇させることが出来ると言う訳です。

趣味と将来性

これまでは趣味によって得られる物というものを紹介してきましたが、そもそも趣味自体が何かしらの仕事に繋がるといったような場合もあります。
エンジニアの場合ですと何かしらコンピューターに関係するような趣味はもちろんの事、それ以外の趣味の場合でも先述した部分に繋がる箇所です。趣味の場において出会った人から何らかの仕事を紹介される事もあり得ます。もちろん趣味と仕事を結びつけて公私混同させるという事について議論の余地はありますが、それでも余暇としてのリフレッシュと仕事が両立しているという事は、フリーランスか否かを問わず働いていく環境として非常に恵まれた環境と言えます。