ITエンジニアの将来性は?

フリーランスのLinuxエンジニアの仕事の探し方とは

特集

仕事の探し方が最も重要

仕事の探し方が最も重要

LINEで送る

人脈を利用して仕事を探す

フリーランスとして働くのであれば「仕事の探し方」が重要になってきます。ここでは様々な仕事の探し方を紹介していきます。まず最初に人脈を利用した仕事の探し方を紹介したいと思います。
みなさんは自分にどのような人脈があるのかを考えたことがあるでしょうか。自分の人脈を知るには、今までにもらった名刺や年賀状、仕事等で使う住所録を使えばだいたい把握することができます。個別に見ていた名刺や年賀状も、一覧で見てみると自分にはどのような人脈があるのかが見えてきます。ある分野の人脈が多いとか、この分野の人脈が少ないといったことがわかると、自分自身が関わってきた分野が見えてくるようになります。また、自分の得意分野もわかるようになります。得意分野での人脈を広げていくことができれば、仕事を探す上で有利になるでしょう。
人脈の広げ方ですが、人脈を広げるにはやはり人と接する機会を増やすのが一番です。セミナーや勉強会などに参加して積極的に人と接することで人脈を広げることができます。将来性の高いLinuxエンジニアであれば相手も仕事をお願いしたいと思うでしょうから、そういった場はチャンスになります。また、インターネットのSNSを上手く活用することで人脈を広げることもできます。もし人と出会って名刺交換やメールアドレスを交換した際は、なるべく早い時期に連絡を取るようにしてください。これによって自分が相手に印象づけられ、仕事をもらえる可能性も高まります。

メールを活用して仕事を探す

フリーランスとして働いている人のほとんどはメールで営業をしています。メールは大変便利ですが、クライアント側からすると初めて接する相手が自分たちのニーズに合う人物なのかどうかや、信頼できる人なのかという判断をするのは難しいものです。そこでクライアントに信頼されるためのポイントを紹介したいと思います。
まず営業で使用するメールですが、フリーのメールを使うのは避けましょう。フリーのメールは迷惑メール扱いされてしまう可能性があるからです。自分が使用しているプロバイダのメールを使うようにしましょう。メールはわかりやすいような件名をつけた上で、本文には相手が興味を持ってもらえるよう文章を書く必要があります。そのためには相手のニーズを知っておくことが必要になります。また、メールはだらだらと書くのではなく、導入、本文、まとめといった感じで分けて書くと読みやすくなります。最後に自分の名前や連絡先を入れるのを忘れないようにしましょう。

クラウドサービスを活用して仕事を探す

仕事の探し方としては、クラウドサービスを使う方法があります。クラウドサービスを活用すればフリーランスの方は便利に仕事を探すことができるでしょう。ここではおすすめのクラウドサービスをひとつ紹介します。
「アサインナビ」は案件探しをするのに便利な日本最大級のITビジネスコミュニティです。フリーランスの方が案件探しをする上でぜひとも活用したいクラウドサービスです。

Web系の案件をお探しの方は是非登録してみてください

Web系の案件をお探しの方は是非登録してみてください

「アサインナビ」それぞれの案件の特徴(金額や必要技術など)、月額単価なども見やすく紹介されています。

マッチングサイトを活用して仕事を探す

他にもマッチングサイトを活用して仕事を探すという方法もあります。マッチングサイトでは、ネット上で仕事をお願いしたい側と仕事をしたい側とのすりあわせ(マッチング)を行っています。マッチングサイトに登録することで、多数のクライアントの案件を見られるようになりますので、仕事探しが便利になります。
マッチングサイトとしておすすめなのは「レバテックフリーランス」です。エンジニア関連の案件も豊富で、登録することで非公開の案件を見ることができるようになるところも魅力です。

Web系の案件をお探しの方は是非登録してみてください

Web系の案件をお探しの方は是非登録してみてください

「レバテックフリーランス」は高単価の案件を見つけやすいマッチングサイトです。