ITエンジニアの将来性は?

Linuxエンジニアとして独立!フリーランスのやるべきことを知っておこう

特集

やるべきことを把握しておこう

やるべきことを把握しておこう

LINEで送る

領収書の扱い方

フリーランスとして働くようになったら、領収書を受け取るようにしましょう。クライアントとの間だけではなく、普段から領収証を受け取っておいたほうが良いです。交通費なども最近はカードにチャージをするケースがありますが、領収書を貰うようにしましょう。この領収書があると無いとでは翌年の税金がかなり変わってきます。領収書を受け取らなかったというだけで高い税金を払うのはもったいないことです。仕事に関係する部分の領収書はきちんともらい、精算のために大切に保管しておきましょう。
また、領収書は無駄な出費がないかを確認するのにも役に立ちます。帳簿を付けると無駄な出費を見つけることができます。見つけた無駄は解消していくようにしましょう。

家賃や光熱費の精算面

Linuxエンジニアの方がフリーランスになった後、自宅を事務所にするというケースがあるかと思います。自宅を事務所にすると、家賃や光熱費の一部を経費として精算することができるようになります。その際、家賃や光熱費は4割から5割程度にするようにして精算することができます。もし家賃も光熱費もすべて仕事で使っているという方は4割~5割ではなく10割でも問題ありません。ただし全部を仕事に使っているという説明はできるようにしておきましょう。

確定申告はクラウドサービス

フリーランスになると確定申告が待ち構えており、これが最初の不安になるかと思います。確定申告など税関係の処理は手間はかかりますが、最近は便利なサービスが出てきていますのでおすすめのものをここで紹介します。
「MFクラウド会計」は、会計の作業時間を大幅に減らしてくれる便利な会計ソフトです。他社の会計ソフトのデータを簡単に取り込めるようになっていますので、乗り換えも簡単にすることができます。

クラウド確定申告サービスをお探しの方は是非登録してみてください

クラウド確定申告サービスをお探しの方は是非登録してみてください

45日間の無料お試し期間がありますので、一度試してみることをおすすめします。

書類作成の手間を軽減

フリーランスになると、自分で書類を作成するようになります。請求書や見積書など様々な書類がありますが、こういった書類の作成は企業に勤めていた時代には経験していないので不安に思う方もいるかもしれません。なるべくそういった手間を省きたいという方に向けて、おすすめのクラウドサービスを紹介したいと思います。 「MakeLeaps」は、クラウド請求ソフトです。見積もりや納品、請求書などをかんたんに作成できる上に、郵送サービスを使ってそれを郵送することもできます。様々な有名企業も利用しており、安心して利用することができるでしょう。

クラウド請求ソフトをお探しの方は是非登録してみてください

クラウド請求ソフトをお探しの方は是非登録してみてください

無料お試し版がありますので一度試してみることをおすすめします。

人付き合いと自分自身を大切に

フリーランスになるとあまり人と接しなくなってしまいがちです。人と会うことで何か情報を得られたり、自分の仕事の話をすることで良い案件を紹介してくれたりするかもしれません。家での仕事も大事ですが、人と接する機会を作るようにしましょう。将来性のある仕事をしていても身体を壊してしまって仕事ができなくなっては意味がありません。健康維持のために軽い運動をするのもおすすめです。