ITエンジニアの将来性は?

フリーランスのLinuxエンジニアになれば高額収入も期待できます!

特集

高額収入も夢じゃない

高額収入も夢じゃない

LINEで送る

高い収入が一番の魅力

普通の企業などで働いていたエンジニアがフリーランスに転身する理由はいろいろあるでしょうが、一番大きな理由は、今までに比べて給与の大幅上昇が期待できるところにあると言えるでしょう。エンジニアという職業は、専門的なスキルが必要になる技術職です。従って、フリーランスになる前の段階で既に他の職業で働く同じ世代の社員よりも給与が高いというケースは多いようです。
それでも給与のアップを目指してフリーランスとして独立をしようとするわけですから、フリーランスの高額収入はそれほど魅力的だと言えるでしょう。データによるとフリーのエンジニアの月収は平均すると65万円前後で、年間ではだいたい800万円くらいになるようです。ただし独立する際にはただフリーランスになればいいという安易な考えではなく、自分のスキルがどの程度なのかを把握した上でフリーランスとしてやっていけるかどうかを見極めることが必要です。
Linuxエンジニアは将来性が高いのですが、スキルが必要なことも確かですので今の段階から高いスキルを身につけるよう頑張りましょう。自分に高いスキルがあるのであれば、フリーランスの業界であっても高い人材価値を持った人物として評価され、高い対価を得ることができるでしょう。一般企業のサラリーマンですと、年収が1千万円に達するというのは難しいものですが、フリーランスであれば高額案件もありますので、高いスキルを持ったエンジニアであればそのような高収入も実現可能でしょう。

自分のペースで働ける

企業で働いているサラリーマンなどは、決まった時間に出社して決まった時間に休憩を取って決まった時間に退社するというのがほとんどでしょう。休日もあらかじめ決まっていて、ほとんどは土日と祝日が休みで、その他に夏休みや年末年始などに休みが取れるといった具合だと思います。それに対してフリーランスであれば、仕事をする時間も休日も自分の好きなように設定することができます。平日に休みを取ることも可能ですし、連休を自分で設定することも可能です。勤務時間も何時から働いていつ休みを取っていつ仕事を終わらせるか自由になります。次のプロジェクトまでに長い休みを取ることも可能です。
また、フリーランスの仕事をするエンジニアの人たちは、集中して仕事をする傾向にあります。フリーランスなら集中的に仕事を入れて、頑張って働いた後に連休を取るといったスタイルで働けますので、エンジニアの人たちには向いていると言えるでしょう。仕事を入れない場合はその分だけ収入を得ることはできませんが、高いスキルを持っていれば高収入でカバーすることも可能でしょう。すべての仕事を自分でこなすのでしたら、仕事の量を自分で決めることができるので、うまく調節することも可能です。このようにフリーランスであれば自分のペースで働けるというのは、一般の企業で働くことと比べて大きな魅力と言えるでしょう。