ITエンジニアの将来性は?

Linuxエンジニアとしての技術を高めてフリーランスとして独立しよう

特集

技術を高めてフリーランスになろう

categoryID 働き方が多様化している現代社会において、いつかはフリーランスとして独立したいと思う人も多いでしょう。Linuxエンジニアはそんな独立志望者にも大変おすすめの職業です。Linuxエンジニアとしてのスキルを磨いて技術を高めれば、フリーランスエンジニアとしての独立も可能になり、高額収入が期待できます。フリーランスエンジニアを目指す人向けに、仕事の探し方ややるべきこと、ライフスタイルなど、フリーランスの基礎知識を紹介します。

高額収入も夢じゃない

高額収入も夢じゃない

フリーランスエンジニアとして働くことの最大の魅力は、高い収入にあります。エンジニアは専門的スキルが必要な職業なので、他の社員に比べて高い給料をもらっていますが、フリーランスになればさらに高い給料を得ることができるでしょう。独立する際には自分のスキルをきちんと把握することが必要です。高いスキルを持っていればきちんと評価されて高い収入を得られるでしょう。また、フリーランスになると自分のペースで働けるようになるという点も魅力です。勤務時間や休日を自分で好きなように設定することができるようになります。

やるべきことを把握しておこう

やるべきことを把握しておこう

フリーランスとして働くようになったらやるべきことを紹介します。まずは、きちんと領収書を受けとり保管するようにしましょう。領収書によって翌年の税金が変わってきます。領収書は無駄な出費を見つけるのにも役立ちます。次に、自宅を事務所にするなら家賃や光熱費を4割から5割程度にしましょう。すべて仕事に使っている場合は10割で構いません。確定申告や書類作成では「MFクラウド会計」や「MakeLeaps」を使うと大変便利になります。最後に、独立しても人付き合いを大切にし、健康に気を使うようにすることも大切です。

仕事の探し方が最も重要

仕事の探し方が最も重要

フリーランスの方の仕事の探し方としてはまず人脈を使う方法があります。自分の現在の人脈は名刺や年賀状で確認できます。これらを使えば自分の得意分野を発見できます。得意分野の人脈を広げれば仕事探しで有利になります。人脈はセミナーやSNSなどで広げていくことができます。次に、メールによる営業で仕事を探す方法があります。相手に信頼されるような書き方をする必要があります。他には「アサインナビ」というクラウドサービスや「レバテックフリーランス」のようなマッチングサイトを活用すると良い案件を見つけられるでしょう。

必ず趣味の時間を作るべし

必ず趣味の時間を作るべし

フリーランスエンジニアとして仕事をするにあたって趣味の時間というものは意外と取りにくいものです。取れるような場合でもどうしても仕事を優先してしまうという場合もあると思います。しかし、しっかりと自分自身の時間を持つことによって、その時間は様々なメリットをもたらしてくれるもので、趣味によって気持ちを一新する事の効果の大きさはもちろんの事、趣味の場でで出会う人々から得られる物の大きさは決して侮れるものではないのです。